タトゥー除去の治療方法について

###Site Name###

タトゥーとは針や刃物など、特殊な器具を使用して皮膚に傷をつけ、その傷口に色素を入れて着色をして、文字や絵柄などを描く行為を指します。

古くは2000年以上前から行われており、身分や身元特定の為の個人認証として用いられていました。



現代の様なファッション感覚や自己表現の一環として行われる様になったのはここ数十年の間であり、急速に普及していきました。
現在では国境や年齢を問わずタトゥーを入れる習慣が浸透してきており、日本においても一般化してきています。その一方、タトゥーを入れる事を禁止する会社や自治体なども多く、罰則規定があったり、最悪の場合は解雇されるケースもあります。

また、スーパー銭湯や温泉などの入浴施設やプール、海水浴場など肌をあらわにする場所では入場を規制されたり、隠すことを求められる事もあります。この様な弊害からタトゥー除去を行う人も少なくありません。
肌に直接傷をつけて入れたタトゥーでも特別な治療を行えば消すことが出来ます。

タトゥー除去の治療方法には大きく2つの手法があります。

1つは皮膚を取り除く方法、もう1つはレーザーを利用したものです。



一般的に皮膚を取り除く方法は1~2回程の手術で済ませることが出来るので短期間で済ませたいという方向けの治療方法です。



一方、レーザー式は直接肌にメスなどを入れなくても行えるので体への負担が少ないのが特徴となっています。

ただ、数回の治療が必要となるので、皮膚を取り除く方法と比べて長い期間を要します。


両方の治療方法を掛け合わせたタイプの治療を行っている場所もあるので、自身のタトゥーの状態に合わせてタトゥー除去方法を選ぶ必要があります。