三重県北部、愛知県との県境からそれほど離れていない長島の地に、なばなの里という名の施設があります。

この施設は一般には植物園に類します。広大な園内敷地には中央に池があり、その周囲にさまざまな木々や植物が配置され、季節によってさまざまな彩りを見せてくれます。ここの1つの目玉は、巨大なお花畑です。

春には色とりどりの鮮やかなチューリップが咲き乱れる一方で、秋には一面に広がるコスモス畑に変身します。さらに、日が暮れた後の夜には、園内全体がイルミネーションでライトアップ。

このイルミネーションもなばなの里の見どころの1つです。さて、このなばなの里は、ナガシマリゾートを構成する施設の1つです。

ナガシマリゾートは、木曽三川の河口部にあって、海に面した複合リゾート。ナガシマスパーランドを中心としたさまざまな娯楽施設や宿泊施設が集まって構成されています。

このナガシマリゾートは、名古屋と高速道路で繋がっており、高速バスを使えば名古屋駅から1時間弱で到着できるアクセスの良さが売りの1つです。

周辺で一泊してなばなの里を訪れる場合、名古屋周辺で宿泊してもよいですが、ナガシマリゾート内の宿泊施設を利用してもよいでしょう。

リゾート内には、それぞれ特徴の異なる3種類のホテルがあり、ご予算、ご家族構成、好みなどに応じて選べます。それぞれの宿泊施設となばなの里との間にはシャトルバスが運行されています。夜のイルミネーションを訪れる場合に大変便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です