富士急ハイランドはテレビコマーシャルなどでも有名な、数々の絶叫マシンを抱えるアミューズメントパークですが、河口湖の湖畔に位置しており、東京をはじめとする首都圏の都市から見ると、意外と時間をかけずに行くことができるものです。

東京、横浜、大宮、川越などの各都市からは、日々、富士急ハイランドに向けた、直通の高速バスが運行しています。こうした交通手段を使えば、日帰りでも十分にいろいろなアトラクションを楽しむことが可能です。

近隣にある旅行代理店でも、こうした日帰りのバスを使ったツアーをいろいろと販売していますので、いくつかのプランがあるなかから、希望する条件に合ったものを予約します。
旅行代理店で取り扱っているツアーには、富士急グループ系列の旅行会社が直接的に企画しているものと、それ以外の旅行会社が企画しているものとがあり、特典の内容などが異なることがあります。富士急ハイランドへの日帰りツアーですが、一般的には、往復のバスのチケットと、現地で使えるフリーパスポートがセットになっています。

セットのために通常価格よりもかなりの割引がされていますが、バスの便によっても若干の価格の違いが生じていることがありますので、確認はしておいたほうがよいでしょう。高速バスの運行については、朝早い時間帯に出発するものもあれば、日中になってから出発するものもあります。

帰りの便についても、遅い時間帯に現地を出発するものもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *