富士急ハイランドといえば、若い世代をターゲットにした数々の絶叫マシンと、ファミリー層に支持のあるキャラクターもののテーマパークで知られるアミューズメントパークですが、それだけに、全国からも多くの観光客が訪れています。

富士急ハイランドは、富士山麓の河口湖の近くにありますので、東京をはじめとする首都圏からは、高速道路を使えば日帰りの日程でも十分に楽しむことが可能となっています。

東京や横浜、さいたまなどの主要な都市からは、毎日、高速バスが運行していますので、公共交通機関を使う場合は、このような高速バスを選択すると便利です。

バスの場合には、旅行代理店でも日帰りのバスツアーの予約を受け付けており、バスの往復チケットに加えて、現地の富士急ハイランドですぐに使えるフリーパスも付いていますので、個別に購入するよりも、かなり価格的なメリットが大きいといえます。

さらに宿泊が付いたプランもありますので、ゆっくりと楽しみたい人は、旅行代理店に相談して、こうしたプランを選択してみるのもよいでしょう。そのほかにも、電車で富士急ハイランドまで行く手段もあり、こちらも日帰りを前提としたツアープランが用意されています。

特典としては、やはり往復の電車のチケットと現地のフリーパスとなっていますので、バスとほぼ同一の条件です。ただし、電車の場合には、途中で乗り換えが必要になりますので、その点だけに注意をしておくとスムーズです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *