タトゥー除去や刺青除去について

###Site Name###

タトゥー除去には主に3つの方法があります。
1つ目は皮膚移植です。



皮膚を浅く切り、タトゥーの入った部分を切除し、続いて、自分の臀部などから切り出してきた皮膚を移植するという手順です。

2つ目は、単純切除です。



タトゥーの入った皮膚を切り取り、周りの皮膚を縫い合わせていくというものです。

3つ目は、レーザーによるタトゥー除去です。


医療用レーザーを照射してタトゥーの色素を抜くという流れですが、この治療法は、そばかすや老人性色素斑など、皮膚の深部に及ぶシミを目立たなくするのにも利用されています。

次に、それぞれのタトゥー除去方法のメリット、デメリットについて解説します。1つ目の皮膚移植のメリットは、背中など、かなり広範囲に入っているタトゥーでも除去することが出来るという点です。


デメリットは、移植されてきた皮膚が周囲の皮膚と質感が違うということと、傷が残るということです。

2つ目の単純切除のメリットは、短時間で手術が終わるという点と、傷の回復が早いという点です。
デメリットは、広範囲のタトゥー除去には適応できないという点です。


3つ目のレーザーによる除去のメリットは、傷跡を残さずに広範囲のタトゥーを除去できる点です。



デメリットは、背中などの色素沈着が起こりやすい場所では、完全な除去に成功しない場合があるということです。

タトゥーの範囲や、手術予算を見積もり、信頼の置ける医療機関に相談して納得の行く施術を受けましょう。