関西発の富士急ハイランドへのツアー

富士急ハイランドは、種類の豊富なジェットコースターをはじめとする絶叫マシンがトレードマークになっているテーマパークですが、富士山の裾野にあることから、周辺には河口湖をはじめ、いくつもの観光スポットがあり、現地ではいろいろな楽しみ方ができます。

なばなの里を訪れるときの宿泊先

三重県北部、愛知県との県境からそれほど離れていない長島の地に、なばなの里という名の施設があります。 この施設は一般には植物園に類します。広大な園内敷地には中央に池があり、その周囲にさまざまな木々や植物が配置され、季節によってさまざまな彩りを見せてくれます。ここの1つの目玉は、巨大なお花畑です。 春には色とりどりの鮮やかなチューリップが咲き乱れる一方で、秋には一面に広がるコスモス畑に変身します。さらに、日が暮れた後の夜には、園内全体がイルミネーションでライトアップ。 このイルミネーションもなばなの里の見どころの1つです。さて、このなばなの里は、ナガシマリゾートを構成する施設の1つです。 ナガシマリゾートは、木曽三川の河口部にあって、海に面した複合リゾート。ナガシマスパーランドを中心としたさまざまな娯楽施設や宿泊施設が集まって構成されています。 このナガシマリゾートは、名古屋と高速道路で繋がっており、高速バスを使えば名古屋駅から1時間弱で到着できるアクセスの良さが売りの1つです。 周辺で一泊してなばなの里を訪れる場合、名古屋周辺で宿泊してもよいですが、ナガシマリゾート内の宿泊施設を利用してもよいでしょう。 リゾート内には、それぞれ特徴の異なる3種類のホテルがあり、ご予算、ご家族構成、好みなどに応じて選べます。それぞれの宿泊施設となばなの里との間にはシャトルバスが運行されています。夜のイルミネーションを訪れる場合に大変便利です。

なばなの里ツアーは現地宿泊が可能

なばなの里は、四季折々の花々をと楽しむことができる、巨大な植物園のひとつですが、ウィンターシーズンには園内にイルミネーションが灯り、これも全国的に見ても最大規模とされる見事なものになっていることから、植物だけではなく、このイルミネーションを目当てに訪れる観光客も多くなっています。 なばなの里に行くためのパッケージツアーは、全国の旅行代理店の店頭で販売されており、これは四季を通じていくつもの種類のプランがあることでも知られています。 電車を使う場合は、出発地から新幹線や特急電車で名古屋などの主要駅まで向かって、そこからシャトルバスに乗り換えるなどして、なばなの里に向かう行程になっています。 また、高速道路を活用して、出発地から目的地まで直接向かう行程のプランなどもあります。 このようなパッケージツアーとしては、関西方面からの出発の場合、日帰りのものもありますが、その他の地域から出発する場合には、やはり、現地での宿泊が数日セットになっているものが一般的です。 この宿泊に関してですが、なばなの里はナガシマリゾートの一部のため、現地にオフィシャルホテルとして登録されている宿泊施設がいくつかあります。 和風と洋風のどちらのプランもあり、ともになばなの里をはじめとして、プールやスパなどの、ナガシマリゾートの他の施設にも容易にアクセスができる立地環境にあります。 一帯は長島温泉が湧き出しているため、滞在中は温泉を楽しむことも可能です。