関西発のなばなの里行きのツアー

関西発のツアーにも、その目的地や内容、日程によって、さまざまなプランがあります。 これらのツアーは、旅行代理店の店頭でチラシやパンフレットなどを通じて募集していることもあれば、東京などにある旅行会社が、インターネットを通じてダイレクトに申し込みを受け付けていることもあります。 パッケージツアーの多くは、季節に応じて目的地が異なるものですが、関西発のツアーのなかでも、年間を通じて募集されている定番のものとしては、なばなの里行きのツアーがあります。 三重県桑名市にあるなばなの里は、それ自体は巨大な植物園ですが、ナガシマリゾートの一部として、周辺にはスパ、プール、アトラクションなどの、さまざまなリゾート施設が集中しており、いろいろな楽しみ方があります。 また、なばなの里を含むナガシマリゾートのオフィシャルホテルもありますので、現地に滞在する場合にも、さまざまな便宜を図ってもらうことができる点も、特筆すべきところです。 なばなの里は、サクラ、チューリップ、バラ、ユリ、コスモスなど、季節によって見頃が変わる花々にあふれており、通年型のリゾート地になっているほか、冬場についても、敷地全体を照らすイルミネーションが点灯するため、実はこの時期にも全国から多くの観光客が訪れています。 関西発の場合には、高速道路が充実していることもあって、宿泊をせずに、日帰りで気軽に参加ができるようなプランも設けられているのが特徴です。

関西発のなばなの里ツアー

なばなの里は、年間を通じてバラやコスモス、チューリップ、あじさいなどの花を楽しむことができるほか、冬季にはイルミネーションが美しく園内を彩り、全国からの観光客が絶えないところです。 そのため、なばなの里行きのパッケージツアーは、全国各地にある旅行代理店で募集が受け付けられていて、そのプランも多岐にわたっています。 なばなの里に向かうツアーのなかでも、関西発のものについては、おおむね大阪の梅田や難波、京都などが具体的な出発場所として選ばれていることが多く、観光バスをチャーターして奥プランの場合には、大阪からいったん京都に立ち寄って、途中で乗車する人を迎えた上で、高速道路を通ってなばなの里に向かうものもあります。 ほかにも、関西発のツアーとして、集合場所そのものはバスと特に変わりはないものの、近鉄特急などの電車を使って現地の最寄りの駅まで向かい、そこから送迎バスが出ているタイプのものもあります。 関西発のなばなの里行きのツアーでは、基本は宿泊をともなうものが一般的となっており、この場合には、現地に複数存在している、オフィシャルホテルが選ばれることが多いといえます。 オフィシャルホテルでは、長島温泉の出湯に浸かることができ、ゆったりと時間を過ごしたい人にとっては最適なプランです。 また、関西発の場合には、地理的にそれほど離れていないこともあって、日帰りで済ませることができるプランも発売されており、こちらも低価格のために人気となっています。

なばなの里のバスツアーは関西発も

中部地区でナガシマリゾートと言えば、非常に有名な存在です。その中の一角としてなばなの里は有名な存在となっています。 かつては自然の豊かな公園と言うイメージが一般的でしたが、冬の時期にイルミネーションを行ったことからウィンターイルミネーションが有名なテーマパークの1つとして広く知られるようになってきました。 最近では日の長い夏の時期を除いて長期間にわたってイルミネーションを楽しむことができるようになっており、遠方からの観光客もたくさん訪れるようになってきています。 地元に住んでいる人であれば日帰りで楽しむこともできるのですが、遠方からなばなの里に来る場合には夜間に楽しむと言う特徴があるため泊まりがけのツアーを利用する人が増えています。 関西発のバスツアーもあるように、遠方からの観光客も増加傾向にあるのが魅力です。高速道路網が非常に発達しているエリアであるので、関西発でも全く問題なく快適に行くことができる環境にあります。 関西発の場合には泊まりがけのバスツアーにはちょうど良い距離にあるテーマパークであると言えるでしょう。 なばなの里にはこのような魅力がありますが、もちろんすぐ近くにあるナガシマスパーランドやジャズドリーム長島と言う名前のアウトレットモールを合わせて楽しむのもオススメです。 泊まりがけならば翌日のスケジュールをナガシマスパーランドなどに設定するということもできるようになりますのでたっぷり楽しむことができるでしょう。

四季を通じたなばなの里のバスツアー

なばなの里は、三重県の木曽三川の河口にあたる、輪中地帯に展開している、一連のナガシマリゾートのひとつとして位置づけられる、巨大な植物園です。 ここには、あじさい園、花しょうぶ園、バラ園などがあり、それぞれの見頃の季節に開放されています。ほかにも、花ひろばとして、季節ごとに植え替えが行われている、日本最大級の花壇があり、チューリップ、ダリヤ、コスモスなどの花々が、一面のじゅうたんのように広がります。 また、冬場にはイルミネーションが点灯され、これを目当てに全国から若いカップルなどが訪れることもあります。なばなの里は、このように通年にわたり楽しめる施設となっていることから、旅行代理店などではなばなの里行きのバスツアーをいつでも募集しています。 とりわけ季節ごとの花まつりやイルミネーションの期間中は充実したプランが発売されており、この場合は予約が満席になってしまうことも考慮して、はやめに申し込みをしておくことが望ましいといえます。 バスツアーの場合、電車や飛行機ほどにはスピードを出すことはできませんので、高速道路の移動時間から逆算して、バスを利用することが適当な範囲内、たとえば大阪、京都、名古屋、静岡あたりから出発をしているバスツアーがほとんどです。 逆に、これらのなかには、なばなの里の周辺のホテルや旅館に宿泊をせずに、すべて日帰りの日程ですませてしまうプランも含まれており、価格が安いことから人気です。

バスツアーでも人気の「なばなの里」

名古屋方面から車で約30分、直通バスでも行ける「なばなの里」は、バスツアーでも人気の観光スポットです。 大阪や京都方面からもバスが運行されており、四季折々の花々をお目当てに多くの人が足を運んでいます。では、なばなの里イルミネーションがメインのバスツアーの内容についてみてみましょう。 三宮発のバスツアーの料金は、往復バス&なばなの里の入園券と、ベゴニアガーデンの入館券つきで5、000円~5、900円です。出発時間は9時10分で到着時刻は、22時50分。ただし日によって発着時刻は異なります。 ツアーの特徴は、なばなの里&ベゴニアガーデンに3時間ほど、ゆったり滞在できること。また国内最大級のアウトレット、三井アウトレットパーク・ジャズドリーム長島で昼食とショッピングを楽しめます。さらに参加者全員に、ジャズドリーム長島スペシャルクーポンがプレゼントされるのです。 バスツアーのいいところと言えば、移動がラクなことでしょう。ただ乗っていれば目的地に到着しますし、何か食べたり寝たりできるのも魅力の1つです。また1人で参加すると新たな出会いが待っているかもしれません。 なばなの里周辺には、ナガシマスパーランドや、名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク、長島温泉湯あみの島など、観光スポットも多数点在しています。 また施設内には、和食や洋食、地ビール、中国料理、麺など、グルメも盛りだくさんです。ぜひお得なバスツアーで出かけてみませんか。

なばなに行くならバスツアーが一番

なばなの里に出掛ける場合には様々な交通手段がありますが、バスツアーを選ぶのも便利です。バスならば自分で面倒な車の運転をしなくても良いので目的地までバスの旅を楽しむことができます。 ツアー内容はイルミネーション見学だけではなく温泉付きのプランから、遊園地で遊べるプランまでいろいろあるので、好きなツアー内容から選択してみましょう。 全国各地から観光客が集まる観光スポットではありますが、バスツアーでも事前予約をすることで希望日のツアーを押さえることができます。 なばなの里を目的地としたツアーは近隣の府県はもちろんの事、遠隔地から行くことができるツアーも多いので、お住まいの地域から出発ができないかどうかをまずは確認してみましょう。 バスの旅と言っても飽きないように要所要所で休憩があったり、バスガイド付きのツアーもあるので車中で暇を持て余すということはありません。有意義な休日の過ごし方を考えるなら、なばなのバスツアーを選ぶことで楽しみ方も広がっていきますので、美しいイルミネーションを見てみたい方や楽しい気持ちになりたい方はなるべく早めに予約を入れておくことにしましょう。 なばなのバスツアーには宿泊プランと日帰りプランがあるので出発地や休みの日の日程などに合わせてプラン選びをしましょう。 日頃の疲れを吹き飛ばすためには旅行に出掛けるのも良い方法なので、気軽に申込ができるなばなの里へバスツアーで行ってみましょう。